忍者ブログ
うさぎのミミとみみりんの日常~なんでもありの日記☆
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





濡れねずみ クリ。


昨日 動物病院に行って来ました。
カサカサしてフケが出るクリだけ。
ミミは お留守番。



↑タラコがカサカサでした


行くまでの間も爆睡状態のクリ、
待合室に居る時なんて
オナカ出してひっくり返って寝てました(^_^;)


診察の結果は
真菌による皮膚病か ニキビダニによる皮膚病か
どちらか、又は どちらも ということでした。。。
真菌は培養しないと分らないので
結果は2週間後に聞きに行くことになりました。

真菌とダニでは薬が異なり
どちらかを狙って投与すると
外れた時は 症状が酷くなってしまうそうで
根本治療は 培養結果がでてからにし
シャンプーと痒み止めと化膿予防・治療薬を出していただきました。

で、昨夜シャンプーしてみたのですが




トビネズミっぽいな…(^_^;)


顔さえ濡れなければ そんなにイヤではない様子でした。
拭いているうちウトウトと寝始めたりして…
全く緊張感のないハムスターです(^▽^;)

これから2週間
2日に一度シャンプーすることになるので
この鈍感さは貴重かも。
お薬もさっさと飲んでくれてます♪いい子


お迎えして間もない子の皮膚病は
ペットショップからもらってくるのが多いらしいです。
ショップからキャリアとして病気を持っていても 
すぐに出ず 免疫の下がった時に発症したり
年老いてから発症したりすることもある そう。
だから その病気が
どこから来たのか判らない場合の方が多いそうです。






ボク 眠くなってきた…。。。


クリが発症する直前に
下の子の友達が 自分のハムスターを連れてきたことが
何度かあるらしいのです。。
もちろん私は絶対そんなことは許可しないのですが
私にバレないようにナイショで上がっていたらしいです。。

そのハムスターのうち一匹は弱ってしまって
結局は病院にもみせずに死んでしまったそうで
原因はコレかもと思ってます。。(-_-;)

下の子はチビが弱かったので
さすがにハムスターを連れて遊びに行きたいなんてことは言いませんし
いくらクリが強いからと言って
ナイショで連れまわしたりしませんが
自分の子供がしなくても
私がダメだと言っても連れてくる友達が居ると
予防効果の意味もなくなってしまって…

子供心には
友達を追い返す訳にはいかず
連れてくれば可愛いから断れないだろうし
可愛いから出してみたくなったのでしょうが
その結果
クリに痒い思いをさせて
薬を投与しなければならない状況なになって…
診察・薬代4000円

今回の一件で
下の子は かなり反省をし
2度と絶対上げたりしないと誓いました。

動物と暮らす上で一番怖いのは子供ですね。。
改めて痛感★デス


ちなみにミミは 子供の友達に遊ばせません。
親付き私付き以外は 暫く見せてもいないかも。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
ティートリーを希釈してスプレーするといいかも。
(ケージとか)
虫除けダニよけ抗菌作用があるから
いいかもよん。
riko 2007/09/28(Fri)16:35:28 編集
» 無題
そうね、子供心としては分るけどね。
クリちゃん、濡れネズミ程度でよかったね。もしかして、お風呂好きな子とか??眠くなってしまうなんて信じられない(-_-;)
usako 2007/10/02(Tue)09:48:25 編集
» rikoさん☆
ティートリーかー♪
そういうのから試してみようかな。
ありがとう(^^)
みみりん 2007/10/03(Wed)13:17:23 編集
» usako さん☆
風呂好き…まではいかないけど
嫌いって訳でもなさそう。。。
昨日も1時間くらいタオルの中で寝てました(^_^;)
みみりん 2007/10/03(Wed)13:21:15 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
最古記事
プロフィール
HN:
みみりん
性別:
非公開
コメント♪
QRコード
うさぎもの♪

Copyright © [ ◇◆いつも いっしょ♪◆◇ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]